topics

Date:2013/01/04

点と線


 

 

時間を作っては極力外に出るようにしている。

ついつい、制作の関係で篭りがちになってしまう部分が多いので、

興味があるものには足を運ぶ事をここ数週間前から意識していて

最近は、美術館や写真展、映画館等に向かう事が多い。

そこであらためて、色々な人達の作品を見て思ったのが

数多くある展示品や作品1つ1つが別々に見えても、

やはり繋がっているという事。

生きていく過程で表現方法や描写が変化しているのに、

作品1つ1つを切り出して、その作者を語る事にやはり違和感を感じるのです。

音楽でもそうで、1曲単位でのダウンロードが可能な時代。

YOUTUBEのように、1曲単位でのPVが溢れ返っている時代。

でもやはりそれは、側面的な部分をなぞっている事に過ぎないんだなと

改めて感じるようになった。

この曲がどういう経緯で生まれてきたのか、この曲の前後に作られた

作品はどうなのか。使っていた道具や、機材の変り方。

その時のアーティストのライブ/状況はどうなのか。

伝えようとしているものは、何なのか。

作品1つ1つを批評する訳ではなく、作品1つ1つに向き合う事で

それが面白く、興味深い形でより自分の深いところに落とし込まれていく感覚

を最近改めて実感している。

『よく噛んで食べなさい』という言葉があるように、

『よく噛み締めて向き合う』という事が、

「より楽しむ事」を生み出して、それが、自分の時間や空間、

生活を豊かにしてくれるものに結びついていく気がする。

そして、情報や世論に左右されない、自分の目で見た「価値観」を

より実感し自分の審美眼を大事にできると感じる、

そんな今日このごろです。

 

 

Funnel

 

 

facebook: http://www.facebook.com/funnel.smikawa
facebook : http://www.facebook.com/funnel.official
twitter: https://twitter.com/FuN_NeL
soundcloud: http://soundcloud.com/dj-funnel-1
Blog: http://www4.atword.jp/djfunnel

's posts